高齢ペットの暑さ寒さ対策と体温調節の注意点

高齢ペットは体温調節にご用心!

老犬の体温調節

人間の場合も同じですが、高齢になると代謝が落ちて体温が低くなってきます。

 

体温が低いということは寒さに弱いということですが、体温調節の機能が衰えることで暑さにも弱くなってくるのです。

 

また、体温が低くなると免疫力も低下して、さまざまな感染症にかかりやすくなってしまいます。

 

『風邪は万病の元』という言葉通り、高齢になると風邪をひくだけで肺炎から死に至ることもあるのです。

 

わが家の老犬も心臓が弱って肺に水が溜まりやすいので、気温の変化には気をつけています。

 

気温の変化で体調を崩さないよう、夏の暑さ、冬の寒さには早めに対処することが大切です。

 

人間でも高齢者が熱中症にかかりやすいように、感覚が鈍ってしまっている分飼い主が注意してあげる必要があります。

 

衰えている体温調節の機能を補うために、色々な工夫をしてあげましょう。

 

高齢ペットの暑さ、寒さ対策

 

ではどのように暑さ、寒さ対策をするのが良いのか、高齢ペットの体温調節のための注意点を以下にまとめてみました。

 

室温の管理

高齢ペットの暑さ、寒さ対策

体温調節をするためには室温の管理が欠かせません。

 

外で飼っている子も出来るだけ暖かく、涼しい場所で過ごせるように工夫をしてあげましょう。

 

よく暖房や冷房のすぐそばにいる子がいますが、直接冷暖房にあたるのはよくありません。

 

高齢になると体が冷えすぎたり熱すぎたりすることに鈍くなり、気がついたときは体に負担になるほどになっていることもあります。

 

人間用の冷暖房に直接当たらないよう、他のグッズを活用して体温調節できるようにしましょう。

 

湿度の管理

意外と気がつかないのが「湿度」で、人間より地面や床に近い分湿気を感じやすく、湿気があると暑さ寒さが増してしまいます。

 

屋内、屋外を問わず、寝床などいつもいる場所の湿度にも気を配ってあげましょう。

 

飼い主自身の健康のためにも、加湿器や除湿器を使うのもオススメです。

グッズの活用

わが家でも気温が低くなると早めに洋服を着せたり、毛布を出すようにしています。

 

また、夏は暑さが厳しいので、外出するときも部屋が高温にならないようにある程度冷房も入れています。

 

その場合、留守中に冷房をするときは最小限度の時間だけにして、冷えすぎないように気をつけています。

 

最近は冷感グッズやあったかグッズも充実していますので、状況に応じて使ってあげましょう。

 

動物介護の知識を身につけよう

 

高齢になったペットには、生活するうえで色々なサポートが必要になります。

 

少しでも元気で長生きしてもらうためには、老化することで衰える機能を補ったり、病気や怪我の予防も大切です。

 

そのためには正しい「介護」の知識をもってケアをしてあげなければなりません。

 

人間の「介護福祉士」は国家資格ですぐに取ることはできませんが、動物の「介護士」の資格は誰でも取得することが可能です。

 

ペットの高齢化でニーズが高まり、さまざまな講座が設けられています。

 

資格を仕事に活かすことはもちろん、自分の愛犬や愛猫の介護のために勉強する人が増えています。

 

動物の介護に興味のある方や、自分の大切なペットの介護に活かしたい方は勉強してみると良いでしょう。

 

当サイトの以下のページをぜひご参考ください。

 

ペット・動物介護士の通信講座を比較