高齢ペットの認知症

高齢ペットの認知症

高齢ペットの認知症

食べ物や医療などが進歩してペットを飼う環境が良くなり、人間同様ペットも寿命が延びて高齢化して来ました。

 

そのため、以前には見られなかったさまざまな病気や症状がペットに現れるようになり、人間で言う認知症もその1つです。

 

ですが、人間の認知症ですらまだ原因や治療法などがハッキリしていない今、ペットの認知症はもっとわからないのが現状です。

 

傾向としてはペットの中でも犬の認知症が多いようで、人間よりもなる確率が高いという報告もあります。

 

猫は犬に比べて少ないようですが、15歳以上になるとやはり認知症になることがあるようです。

 

私は仕事柄人間の認知症の方とたくさん接してきましたが、わが家の老犬にも認知症のような見当識障害の症状が見られます。

 

認知症の原因

 

人間の認知症と同じく、脳の老化によるものと考えられています。

 

脳にタンパク質の沈着が見られることから、アルツハイマー型との説があります。

 

認知症の予防

 

人間と同じく、脳の老化を進ませないための食事管理や、単調で刺激のない生活を避けることが予防と言われています。

 

脳の働きを良くする「DHA」や、体を酸化させない栄養素を含んだ食事を摂ったり、運動やコミュニケーションで刺激を与えると良いでしょう。

 

認知症の症状

 

ペットは人間と違って話せないので、認知症であるという断定は難しい部分もあります。

 

ただ、行動が以前とは違ってくるので以下のようなことがあれば疑ってみる必要があります。

 

1・昼夜逆転など生活リズムの乱れ

 

2・異常な食欲など食生活の乱れ

 

3・グルグル歩き回る、意味もなく鳴くなど異様な行動

 

4・排泄のしつけなど出来ていたことができない

 

5・家族など人が見分けられない

 

夜泣きをするときは

 

犬の夜鳴き対策

認知症と思われる症状の1つが夜泣きです。

 

わが家でも夜中や明け方にクンクンと泣くようになりました。

 

最初はどうしていいのか戸惑いましたが、色々と考えて試してみたところ今ではすっかり治まりました。

 

まず原因の第1が寒さです。

 

わが家でも冬場の朝3時〜5時に泣くことが多かったので、寝床を暖める工夫をしました。

 

第2の原因が不安や寂しさです。

 

体の5感すべてが衰えているため、ちょっとしたことで不安になりやすくなります。

 

寝床に私の匂いがついた衣類などを置くことで、不安な気持ちを抑えるようにしました。

 

第3の原因が空腹です。

 

若い頃のように一度に食べられないため、空腹になりやすくなっています。

 

そのせいか、食べたことを忘れたのでは?と思われるほど1日に何度も食べようとします。

どうしても夜泣きがひどい時は、温めたヤギミルクなどをあげてしばらく抱っこします。

 

そうすると本当に大人しく眠ってくれます。

認知症とは正常な判断のできない老化や病気なのですから、今までのようなしつけをすることは難しいでしょう。

 

まして理解ができないことを叱りつけたりしても意味がないのです。

 

たとえ認知症になって飼い主がわからなくなってしまっても愛情を感じることはできます。

 

人間でも目や耳が不自由になれば強いストレスを感じて不安になるはずです。

 

愛情を持って接することで不安を取り除き、求めているものを察してしっかり支えてあげましょう。

 

動物介護の知識を身につけよう

 

高齢になったペットには、生活するうえで色々なサポートが必要になります。

 

少しでも元気で長生きしてもらうためには、老化することで衰える機能を補ったり、病気や怪我の予防も大切です。

 

そのためには正しい「介護」の知識をもってケアをしてあげなければなりません。

 

人間の「介護福祉士」は国家資格ですぐに取ることはできませんが、動物の「介護士」の資格は誰でも取得することが可能です。

 

ペットの高齢化でニーズが高まり、さまざまな講座が設けられています。

 

資格を仕事に活かすことはもちろん、自分の愛犬や愛猫の介護のために勉強する人が増えています。

 

動物の介護に興味のある方や、自分の大切なペットの介護に活かしたい方は勉強してみると良いでしょう。

 

当サイトの以下のページをぜひご参考ください。

 

ペット・動物介護士の通信講座を比較