老犬・老猫・高齢ペットのおむつかぶれ

老犬・老猫がおむつかぶれをしてしまったら

老犬・老猫のおむつかぶれ

人間でも動物でも高齢になると皮膚が弱くなり、色々なトラブルを起こすようになります。

 

その1つがおむつかぶれで、わが家の老犬もちょっとしたことがきっかけでおむつかぶれを起こしてしまったことがあります。

 

おむつはこまめに取り替えていたのですが、酷い下痢をしたときお尻周りが汚れたのが原因です。

 

ウンチの回数が多すぎるとどうしてもおむつ交換が間に合わず、便が付着したままの状態になってしまいます。

 

そうすると抵抗力のない皮膚は荒れて、おむつかぶれを起こしてしまうのです。

 

以前は下痢になってもかぶれたりすることはなかったので、皮膚が弱っているのだと思われます。

 

おむつ交換グッズ

この写真は、わが家でウンチのおむつ交換をするときに使っている物です。

 

おむつかぶれを起こしてからは、特にしっかりと汚れを落すことを心がけています。

 

しっかりと汚れを落すといっても決してゴシゴシとこすったりせず、皮膚に負担をかけずに行うことが大切です。

 

おむつかぶれの酷いときは病院で処方されたお薬も塗っていましたが、今は最後にワセリンを塗るようにしています。

 

ワセリンは寝たきりの高齢者が床ずれに使うこともあるので私のアイディアですが、獣医さんも了承してくれています。

 

たっぷりと水分を含ませたお尻拭きで丁寧に汚れを取り、水分を拭き取った仕上げにワセリンを塗ります。

 

そうすることで皮膚を保護し、汚れを落しやすくすることができます。

 

ワセリンは安価でどこのドラッグストアでも手に入るので便利です。

 

清潔に保つためのおすすめグッズ

 

私はウンチの汚れを落すとき、最初は普通の水をお尻拭きのシートに含ませて拭いていました。

 

しかし普通の水では見た目に汚れが落ちているように見えても、雑菌までは落とすことはできません。

 

それでも皮膚に抵抗力があったときはトラブルが起きることはありませんでした。

 

ですがトラブルを起こすようになってからはもっと清潔にするように心がけました。

 

バイオウィル

おむつかぶれを起こしてしまったときに獣医さんに薦められて使い始めたのがこのバイオウィルという強力除菌剤です。

 

これを使ってお尻を拭くようになってみるみるおむつかぶれが解消され、もう手放せなくなりました。

 

直接スプレーすることもできるくらい無害なのに、強力に除菌してくれます。

 

汚れたおむつにスプレーしておくと消臭効果もあり、色々なお手入れや掃除にも使えるスグレモノです。

 

獣医師もお薦めバイオウィル

 

動物介護の知識を身につけよう

 

高齢になったペットには、生活するうえで色々なサポートが必要になります。

 

少しでも元気で長生きしてもらうためには、老化することで衰える機能を補ったり、病気や怪我の予防も大切です。

 

そのためには正しい「介護」の知識をもってケアをしてあげなければなりません。

 

人間の「介護福祉士」は国家資格ですぐに取ることはできませんが、動物の「介護士」の資格は誰でも取得することが可能です。

 

ペットの高齢化でニーズが高まり、さまざまな講座が設けられています。

 

資格を仕事に活かすことはもちろん、自分の愛犬や愛猫の介護のために勉強する人が増えています。

 

動物の介護に興味のある方や、自分の大切なペットの介護に活かしたい方は勉強してみると良いでしょう。

 

当サイトの以下のページをぜひご参考ください。

 

ペット・動物介護士の通信講座を比較