オスのオシッコがおむつから漏れてしまうとき

オスのオシッコがおむつから漏れるのを防ぐには

オス用おむつ

男の子のオシッコ用おむつとして写真のようなタイプがあります。

 

胴体にクルッと巻きつけるだけなので、装着もカンタンで嫌がることも少ないです。

 

わが家でもこれを使っていますが、このタイプではオシッコが漏れてしまうこともあります。

 

1番の理由としては、寝ている間におむつがよれてお腹側がクシャクシャになってしまうことです。

 

そうするとおむつがずれた状態になり、オシッコが出るときに吸収できずに漏れてしまうのです。

 

特に丸まって寝ているとアコーディオンのようになるのですが、あまりキツク巻くと負担になってしまいます。

 

クシャクシャにならないようにするために、私は尿取りパッドを一緒に巻いてコシを持たせるようにしています。

 

オシッコだけのおむつではこれで良いのですが、当然ながらこのタイプではウンチはカバーできません。

 

オス用おむつ

ウンチもカバーするための写真のような通常のおむつでも、お腹側からオシッコが漏れてしまうことがあります。

 

初めはキッチリしていても、時間が経つとお腹の部分に隙間が出来て漏れてしまうことがあるのです。

 

オス犬の場合オチンチンがお腹についているので、オシッコとウンチの両方をカバーすることができにくいのかも知れません。

 

また、このタイプのおむつをオシッコする度に交換しているととても費用がかさみます。

 

そのため、わが家でも両方を確実にカバーして経済的な方法はないかと色々と考えました。

 

結果的に今しているのが写真のように両方を一度に着けることです。

漏れないおむつ

 

巻くタイプのおむつでオシッコを防ぎ、通常タイプのおむつでウンチを防いでいます。

 

巻くタイプのおむつの上から装着するため、通常タイプはワンサイズ大きいものを使っています。

 

お腹の部分が少しモコモコしますが、それほど負担にはなっていないようです。

 

もちろんおむつ交換には少し手間がかかりますが、漏れてしまったときの後始末よりは楽だと私は思っています。

 

また、2つのタイプを使っても汚れた方を取り替えたら良いだけなので費用的にも負担が増えることはありません。

 

もし男の子のオシッコもウンチも漏らさないようにするならば、一度お試しくださいね。

 

動物介護の知識を身につけよう

 

高齢になったペットには、生活するうえで色々なサポートが必要になります。

 

少しでも元気で長生きしてもらうためには、老化することで衰える機能を補ったり、病気や怪我の予防も大切です。

 

そのためには正しい「介護」の知識をもってケアをしてあげなければなりません。

 

人間の「介護福祉士」は国家資格ですぐに取ることはできませんが、動物の「介護士」の資格は誰でも取得することが可能です。

 

ペットの高齢化でニーズが高まり、さまざまな講座が設けられています。

 

資格を仕事に活かすことはもちろん、自分の愛犬や愛猫の介護のために勉強する人が増えています。

 

動物の介護に興味のある方や、自分の大切なペットの介護に活かしたい方は勉強してみると良いでしょう。

 

当サイトの以下のページをぜひご参考ください。

 

ペット・動物介護士の通信講座を比較