ペットの医療と介護のための日常生活の注意点とは

満足な医療と介護を受けさせるために

ペットの医療と介護

大切なペットもいつか歳をとって老いていきます。

 

高齢になったペットは病気や怪我をしやすくなって、治療を受けたり、介護が必要になったりします。

 

長生きができるようになった現代では、人間同様ペットも高齢化してきています。

 

大切な家族に医療や介護が必要になったとき、できる限りのことをしてあげたいと思うものです。

 

ですが、満足なケアが受けられるようにするには、元気なときからの日常生活も大切です。

 

いざとなって慌てたり後悔をしないよう、日ごろから注意しておきたいことをご紹介します。

 

人に触られるのを嫌がらない

 

実はこれは非常に大切で、人に触られても平気な子でないと満足な治療を受けられないときがあるのです。

 

飼い主が足を触っただけで咬んだり唸ったりする子がいますが、そんな子は病院でも治療が難しいのです。

 

また、できれば洋服を着せることにも慣らしておけば、保温や傷の保護、おむつが必要なときに役立ちます。

 

日ごろからグルーミングなどを積極的にしてあげて、できるだけ人に触られても平気なようにしましょう。

 

そうすることで人間と信頼関係を築くことになり、コミュニケーションやしつけの役にも立ちます。

 

日頃から美味しいものを与えない

 

美味しいペットフード

あれこれと美味しい物を与えてペットに喜んでもらいたい気持ちはよくわかります。

 

ですが、普段から贅沢なものを食べていると、食欲のない時に食べさせる物がなくなってしまいます。

 

病気などで食欲がなくなったときのために大好物を取っておけば、いざという時に助かります。

 

かかりつけドクターを持っている

 

かかりつけのお医者さんがいれば、人間と同じように役立つことがたくさんあります。

 

@ちょっとした変化も見つけてもらいやすい

 

A先生と話しやすく相談しやすい

 

ずっと同じところで見てもらっていると、飼い主自身も安心感が得られます。

 

また、いざという時は獣医さんとのコミュニケーションが大切になって来ます。

 

何でも質問したり、相談に乗ってもらうためにも信頼関係を築いておきましょう。

 

動物介護の知識を身につけよう

 

高齢になったペットには、生活するうえで色々なサポートが必要になります。

 

少しでも元気で長生きしてもらうためには、老化することで衰える機能を補ったり、病気や怪我の予防も大切です。

 

そのためには正しい「介護」の知識をもってケアをしてあげなければなりません。

 

人間の「介護福祉士」は国家資格ですぐに取ることはできませんが、動物の「介護士」の資格は誰でも取得することが可能です。

 

ペットの高齢化でニーズが高まり、さまざまな講座が設けられています。

 

資格を仕事に活かすことはもちろん、自分の愛犬や愛猫の介護のために勉強する人が増えています。

 

動物の介護に興味のある方や、自分の大切なペットの介護に活かしたい方は勉強してみると良いでしょう。

 

当サイトの以下のページをぜひご参考ください。

 

ペット・動物介護士の通信講座を比較