高齢ペットの排泄介助とおむつ交換

高齢ペットにも必要な排泄介助

高齢ペットの排泄介助

私は介護福祉士として高齢者介護の仕事をしてきました。

 

その分、今わが家の老犬がおむつをするようになってもその経験を活かすことができています。

 

高齢ペットも老化とともに排泄がうまくできなくなってくるため、基本的に人間のような排泄介助も必要になります。

 

足腰が弱って排泄するポーズが難しくなったら、体を支えてあげるサポートも必要になります。

 

 排泄時の体の支え方(写真)
icon

 

また、どうしてもおもらしやそそうが多くなればおむつを着用することになるでしょう。

 

高齢ペットという意味では犬や猫の差はあまりなく、大まかな部分では同じです。

 

わが家でもしているおむつの着用についてご紹介します。

 

おむつ着用の前の準備

 

おむつを着用する前には、汚れやすい部分は前もって毛を短くしておきます。

 

肛門の周りや後ろ足の付け根、お腹などの毛をできる限り短くしておくことでお手入れがとても楽になります。

 

自分でできない場合はトリマーさんや獣医さんに相談してみましょう。

 

着用するときの注意点

 

高齢ペットのおむつ

おむつを着けるときは、必ずおむつのギャザーの部分を立たせてから着けます。

 

きちんとギャザーを立たせないと漏れの原因になります。

 

漏れを心配してきつくするとペットの負担になり、緩すぎると漏れてしまいます。

 

感覚としては着用時のウェストに指が1本入るくらいが適当です。

 

最初は失敗もあると思いますが、慣れてくるとだんだんと適度な着け方がわかるようになります。

 

おむつ交換

 

わが家ではおむつの費用を軽くするために、人間用の尿取りパッドを利用しています。

 

もちろんペット用でもいいのですが、人間用の方が種類が多くスーパーでも買えるので便利です。

 

被毛や皮膚に付いた排泄物は、濡らしたタオル、ウェットティッシュ、トイレットペーパーなどできれいに拭き取ります。

 

拭き取るときは押し当てるように拭い、ゴシゴシこすらないようにします。

 

特に陰部や肛門は粘膜なので強い刺激を与えないようにしてあげましょう。

 

わが家では、人間の赤ちゃん用のトイレに流せるお尻拭きを使っています。

 

汚れてもそのままトイレに流せるのでゴミが増えずにすみます。

 

気になるおむつ臭対策

 

おむつを着けていると、どうしても被毛や皮膚に付いた臭いが気になります。

 

水拭きだけでは残ってしまうおむつ臭には、私は水を使わないムースシャンプーを使っています。

 

汚れや臭いが簡単に取れ、高齢ペットや飼い主の肌にも優しいのでとても気に入っています。

 

おむつ臭対策のシャンプー

PANA-ZOO(パナ・ズー)オールケアムース
icon

 

ムースを気になる部分になじませて使います。

 

あとはサッと拭き取るだけで汚れも臭いも落ちます。

 

ワンちゃん、猫ちゃん、どちらにも使えます。

※汚れがひどい時

 

下痢をしているときなどは汚れがひどいので、人間のおむつ交換でする「陰部洗浄」の方法で汚れを取ります。

 

@ 台所洗剤のボトルや霧吹きにぬるま湯を入れ、汚れている部分にお湯をかけて流します。

 

A 汚れが落ちたらペーパーやタオルなどで拭き取ります。

 

お湯をかけるときは、汚れたおむつやパッドでお湯を受けるようにすればそのまま捨てられます。

 

動物介護の知識を身につけよう

 

高齢になったペットには、生活するうえで色々なサポートが必要になります。

 

少しでも元気で長生きしてもらうためには、老化することで衰える機能を補ったり、病気や怪我の予防も大切です。

 

そのためには正しい「介護」の知識をもってケアをしてあげなければなりません。

 

人間の「介護福祉士」は国家資格ですぐに取ることはできませんが、動物の「介護士」の資格は誰でも取得することが可能です。

 

ペットの高齢化でニーズが高まり、さまざまな講座が設けられています。

 

資格を仕事に活かすことはもちろん、自分の愛犬や愛猫の介護のために勉強する人が増えています。

 

動物の介護に興味のある方や、自分の大切なペットの介護に活かしたい方は勉強してみると良いでしょう。

 

当サイトの以下のページをぜひご参考ください。

 

ペット・動物介護士の通信講座を比較